ThinkCentre M90 SSD換装

はじめに

当方環境の常用PCに、ThinkCentre M90 Eco Ultra Smallという機種があります。(スペック)

live-3692f7j

一般的な用途で利用するPCで、できるだけ安く済ませたい場合は、このPCのようなオフィス用途から引き上げたPCを中古で購入することをお勧めしています。このPCはWindows XPのサポート終了でWindows 7搭載機種にリプレイスする目的から、2014年春に中古で購入したものです。

コンパクトな筐体、OSにWindows 7 Professional搭載ながら約2.2万円で購入でき、お得だったかと思います。その後、Windows 7 Professional ⇒ Windows 10 Proに無償でアップグレードできた訳ですから、なおさらお得というものです。

但し、Windows 10アップグレードの前後から異常に動作が遅く、フラストレーションが溜まる状況となっておりました。
本機種のCPUはCore™i3-530 2.93GHz (2core 4スレッド)、標準搭載メモリは2GB。最新PCのスペックと比べれば見劣りしますが、ATOMタブレットでも動作するWindows 10の稼働には問題ないはず。ボトルネックは明らかにHDDであろうということで、SSDに換装してみました。

購入したもの

本機種には320GBのHDDが搭載されており、(換装の難易度、心理的な抵抗も含めて)少なくともこれを上回る容量が必要であろうと考え、このSSDを選択しました。

live-ssd

Crucial MX200 CT500MX200SSD1(アフリエイトリンク)、MLCタイプ500GBのSSDとなります。SSDの容量は300GBの上が500GBのようで、320GBを上回る容量として500GBとしました。

なお、2.5″マウンターは付属していないので購入する必要があります。
2016年7月の購入時点では併せて\18,000程でした。

2.2万円で購入したPCに1.8万円の投資を行うのはどうか、という観点もあるかとは思いますが・・・

直接コピー:失敗

Crucial SSDにはHDDからの換装/移行が容易にできるよう、Acronis True Imageのライセンスが付属しています。

一時的にDVDドライブからSSDに接続を換え、True ImageによりHDDからSSDに直接コピー(クローン)すれば良いと考えていましたが、あいにく起動せず挫折。出直す羽目となりました。

本PCはブートパーティション構成が複雑で認識しないのかも・・・

成功したやり方

基本的には以下サイトの記載を参考に実施しました。

Windows 10でシステムイメージを作成して完全バックアップ   「パソコンの大事なデータはバックアップを取っておかなければいけない」と思いつつも、「バックアップのやり方がわからない」と

準備するもの

  • 外付けHDD (内蔵HDDの容量を上回るもの)
  • USBメモリ (16GB以上のもの)

回復ドライブの作成

USBメモリを挿した後、コントロールパネル ⇒ 回復 ⇒ 回復ドライブの作成 より回復ドライブの作成を行います。

live-recover

1~2時間程度と結構時間が掛かりましたが、「次へ」進めるのみで特に問題ありません。

システムイメージバックアップの作成

続いて、外付けHDDを挿し、コントロールパネル ⇒ バックアップと復元(Windows 7) を開き、左側にある システムイメージの作成 を起動します。

live-systembackup

接続した外付けHDDを指定し、バックアップを行います。

なお、Lenovoリカバリ領域(Qドライブ)をバックアップ対象に加えるとエラーとなる事象が発生したため、起動領域およびCドライブのみを指定しバックアップを行いました。

用意した外付けHDDがUSB2.0接続であった影響もあり、こちらにも2時間程度かかりました。(バックアップ容量は約170GB)

換装

バックアップ完了を確認した後、実際に取り替えます。

live-hdd

取り外したHDDは、Western DigitalのWD3200AAJSとの型番でした。

live-ssdadd

交換自体はドライバーも不要で簡単に行うことができます。

SSDにリカバリ実施

USBメモリと外付けHDDを両方接続し、USBメモリからブートさせます。
起動時にF12を押すことでブートメニューが出るので、これを利用するとよいでしょう。
なお1つ問題が発生、増設したメモリを取り外さないとUSBメモリからの起動ができませんでした

キーボードとして日本語を選択した後、

トラブルシューティング ⇒ 詳細オプション ⇒ イメージでシステムを回復

を選択し、USB HDD内のシステムイメージバックアップを選択してリカバリを行います。
(※詳細は上記121wareサイトの記事をご覧ください)
リカバリにも2時間程度掛かりました。根気強く取り組む必要がありますね。

この手順でSSDにリカバリを行うことができました。

パーティションを構成

残念ながら本手順ではパーティション構成、及び容量のカスタマイズを行うことはできず、移行前と同容量となるようです。つまり、換装前から増えた容量は空き容量として余っていますので、これをDドライブとして認識させます。

コントロールパネル ⇒ 管理ツール ⇒ コンピュータの管理 ⇒ ディスクの管理

なお、Lenovoリカバリ領域はバックアップ対象に含めなかったため、空のドライブとして構成されていました。この領域も開放して合わせてDドライブとして構成しても問題ないと思われます。
(どうせ今後Windows7でリカバリすることも無いだろうから、良いかな・・・と)

ベンチマークデータ

HDD⇒SSDの換装となりますので、明らかに体感でも判るほど速度向上ができました。

live_hdd300livessd-bench
HDDSSD

ベンチマークもとりましたが、HDDの数字が明らかにおかしいですね。
相当酷使したのか、不健康な状態となっていたのかもしれません。

SSDもインタフェースに引きずられているのか素晴らしく良い数字でもないですが、それにしても数十倍、十分な向上となっているかと思います。

最後に

livessd-comp

ついでにメモリも追加しました。

が、アップグレードパスの関係で32bit版 Windows 10なんですよね。。
32bit版でも4GBを超えるメモリがあることは認識できるのですね。

それにしても、勿体ないなぁ。