SORACOM Air SIMを移管した話

今回は小ネタです。
私も遅ればせながら、ソラコムから先日発売になりましたGPSマルチユニットSORACOM Editionを入手しました。

これの活用ネタは別途記事にしたいと思っていますが、入手にあたりひと顛末ありましたので、その経緯を記しておこうと思います。

入手にあたって

私は本来 2020/2/18に開催予定のSORACOM Technology Camp 2020で購入できればと思っていたので予約注文はしていなかったのですが、新型コロナウィルス騒動で急遽オンライン開催となりましたので買いそびれていました。

オンラインで購入する必要が生じたわけですが、ちょうど会社の同僚が購入すると聞いたため、送料割り勘とケチって代理購入をお願いしたのでした。

その後心待ちに受取りのタイミングを待っていたわけですが、ふとSORACOMコンソールの発注画面を見たところ、気になる文言を見つけました。

SIMは受取りで自動登録されます
確認したところ、やはり同僚のSORACOMアカウントに紐付いて課金が発生していました。

やべー、SIM無駄にしたかな? 別途SIMを購入する必要があるのかな? と思って焦ったのですが、
利用開始前(準備完了ステータス)であれば譲渡(移管)が可能なんですねソラコムのFAQページ
ご存知の方は多いかもしれませんが、以下に手順を記載しておきます。

移管の手順

準備完了ステータスのSIMを選択し、操作メニューを開くと「他のオペレータに譲渡」が選択可能です。

選択すると、移管先オペレータのメールアドレスとオペレータIDの入力を求められます。
ここで移管先アカウントの情報を入力します。

なお、オペレータIDは右上のアカウントメニューを開くと表示されます。

譲渡ボタンを押すと、移管先のメールアドレスに確認のメールが届きます。

SORACOMコンソールのログイン状態でURLをクリックすると移管の承認がされ、移管完了のメールが届きます。

これで事なきを得ました・・・ホッとしました。
なお準備完了状態でも 1日5円の課金が発生していますので、その分の負担はお忘れ無く。

移管は可能ですが、SORACOMコンソールからの代理購入はあまりオススメできないです。。
自分で購入すべきと思いますw では。

コメント